家の購入には住宅ローンを

  • 家の購入には住宅ローンを

    • 夢のマイホームを手に入れたいと思うのは、誰もが望むことでしょう。

      賃貸物件に暮らしていても、ずっと自分の財産になるわけでもなく、人に借りているものという意識があります。


      それよりも、自分の住まいとして家や土地などを所有していくほうが同じようにお金を支払っていく際にも気持ちが違うことでしょう。
      一生に一度ともいわれる大きな買い物である住宅の購入ですが、これを一括で支払いをしていける人はほとんどいないことでしょう。

      ある程度頭金を準備して、残りの不足分を金融機関などから借入れをして、住宅ローンを組んで返済していくスタイルの人が多いのです。

      今、話題の便利な多汗症治療に関する情報をすばやく探せます。

      借入れのできる金融機関としては、銀行や農協、住宅金融支援機構などがあります。



      金利も固定や変動などで選んでいけるのですが、長期間で返済をしていく予定の人では、変動金利ではリスクが高いので、固定にしておくと安心です。



      その家庭の家計の状況に応じていくようにしましょう。



      通常、借り入れのできる額というのは、収入の25〜30%程度以内の抑えた方がよいといわれます。
      これは、返済ができる額から住宅ローンを考えるからなのです。毎月の支払いをしていくようになるのですが、ボーナスでの支払いが出来る人ではボーナスを併用していくようにします。

      また、普段から貯金をすることができるくらいの余裕がある人では、ある程度まとまったお金が用意できたところで繰り上げ返済をしていくことをおすすめします。


      また、ローンの残額がある段階では、一定の期間に限って住宅ローン減税が適用されて税金が還付されます。

      生涯住む家として住宅を買う為に住宅ローンを組んで住宅を買った後、ローンが返済出来なくなった場合ですが、銀行は延滞が続くようであれば、保証会社にローンの代位弁済をさせます。
      保証会社は銀行にお金を払って返済をして、契約者に延滞になったローンの支払いを要求します。この時返済が出来なければ住宅に付けた抵当権を行使して、住宅を競売にかけます。



      そして競売にかけて、売却代金で代位弁済分の穴埋めをして、足りない分は契約者に請求をします。



      だから住宅ローンが払えなくなった場合は、家を取られて終わりでは無く、完済出来るまで取り立てが続くということです。
      そして債務整理で住宅ローンを減額しようにも住宅に抵当権が付いていますから、銀行は債務整理には応じてくれません。

      要求したら逆に金融事故として扱って、保証会社に代位弁済をさせて債権を回収します。



      だから債務整理による減額は無理だということです。


      それで住宅ローンを払えなくなったら、まずは銀行に相談をして、返済額を減らしてもらって、返済期間を延長して払うことです。
      銀行も返済さえされれば問題とは思わず、少しでも返済を出来るなら返済額の減額に応じてくれます。
      全く返済出来ない状態になったのであれば、任意売却という競売より高く住宅を売れる方法を使って、返済をすべきです。任意売却は市場価格で住宅が売れますから、競売で住宅を売却するよりは、ローンの残額を減らせますから、売却をするならば任意売却での返済をすべきです。



  • 関連リンク